キノコがコロナウイルスに効くらしい!!?

健康(Health)
最近キノコが免疫力アップに良いと話題になっている

最近キノコに含まれている成分がコロナウイルスを予防してくれるとの事で、ネットで多くの注目を集めている。コロナ前と比べて、スーパーなどはキノコ類の品ぞろえの確保で忙しいらしい。今回はキノコに含まれる成分がどんな働きをしてくれるのか、もっと詳しくまとめていこうと思います。

主なキノコの栄養素

まずキノコに多く含まれているβ-グルカン(beta-glucan)は、植物や菌類、細菌など自然界に広く分布しており、キノコの細胞壁を構成する天然成分である。腸内の免疫細胞に働きかける食物繊維で、免疫機能を向上すると言われています。

次に多く含まれているのは、ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6、ビタミンDです。

まずビタミンB1は、糖質の代謝に働きかけこれが不足すると糖質がエネルギーにならない為、糖質が蓄積され肥満になったり食欲がなくなったり、疲れやすくなってしまいます。疲れている時は免疫力が低下しやすく、よく疲労によって風邪を引いた経験が誰にでもあるのでは?と思います。

次にビタミンB2は、肌や粘膜の代謝に働きかけこれが不足すると肌荒れや皮膚炎を引き起こしやすくなります。特に現代社会のストレスや長時間の日焼けでも不足しやすく、ウイルスの侵入口でもある粘膜を正常に保つには必要不可欠であると言えます。

ビタミンB6は、様々な代謝の働きかけに役立ち不足すると代謝が悪くなり、体温が上がりにくくなります。体温低下は血液の流れが非常に悪くなり、結果として免疫力低下につながってしまいます。

最後にビタミンD、この栄養素は普段日光を浴びる事によって摂取することができます。しかし、コロナ禍の現在STAY HOMEや飲食店の時短営業により不足しやすくなっていると言えます。ビタミンDを摂取していると、骨を丈夫にしたり免疫力の強化、抗炎症作用にも期待できます。呼吸器の感染症を予防または低下させる可能性があるので、コロナの抗体に期待できます。

個人的キノコの栄養価ランキングトップ3

総合的に栄養価の高いキノコにランキングを付けてみたいと思います。

第1位 まいたけ 

まいたけは、トップクラスのβ-グルカン含有量でビタミンB群やビタミンDが豊富に含まれ、免疫力向上に最も良いキノコ!!だと個人的に推測しました。調理も簡単で、焼くなり煮るなり揚げるなりで幅広く使える食材だと思います。

第2位 しめじ

しめじはビタミンB2の含有率が一番高く粘膜の免疫力を高めるのに一番良いと思います。更にオルチニンと言う成分が入っていて、お肌の新陳代謝を促進し、肌の不調改善にも役立つと言われています。

第3位 ホワイトマッシュルーム

他のキノコと比べると栄養価は平均並で、少しビタミンB2が多めです。全ての栄養素が平均並なので、オールラウンドキノコなんじゃないのか!!と思い個人的に第3位に食い込ませてみました。味がおいしく使いやすい、何にでも合うという点も評価の対象になりました。ちなみにブラウンマッシュとの栄養価の違いはほとんどなく、味がホワイトは淡白でお上品な感じで、ブラウンが少し歯ごたえがあり、味と風味が濃いような気がします。僕はホワイトマッシュを友人のNilsに勧められて生で食べていますが、かなり美味です!でも後から調べてみたら採れたてのフレッシュオンリーとネットに書いてあったので注意が必要です!笑 でもアボカドサラダにスライス生ホワイトマッシュのコンビは最強です。

今回はキノコの栄養価の記事でしたが、気になるキノコレシピもどんどん上げていきたいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました