世界の海を救う地球に優しい#stasher

環境問題(environment)

現在私たちの生活の中のあらゆる場面で利用されているプラスチック。手軽で安価に生産できることから、製品だけでなく、買い物用のビニールバックやサランラップ、梱包用など様々な場面で広く私たちの生活を支えてきたと思います。しかし、多くのプラスチックは使い捨てされており、利用後に環境中に流出されており、ほとんどのプラスチックの最終的に行き着く場所が『海』です。既に海洋ゴミの影響により多くの海洋生物が命を落としたり深刻な環境問題の一つになっています。

マイクロプラスチック

プラスチックは海に行き着いた後に劣化や波の影響で小さなプラスチックの粒子になり自然分解する事なく、数百年間以上自然に残り続けると言われています。2050年の未来予測では『海洋プラスチックゴミの量が海にいる魚を上回る』という度肝を抜かれる予測がされています。更には、細かくなったプラスチックは魚が食べてその魚を人間が食べるという恐ろしいサイクルもできています。マイクロプラスチックについての人体への影響は、まだ明らかにされていないとも言われています。

日本は一人あたりのプラスチック廃棄量世界2位

僕自身、カナダに住むまでプラスチックを使う事が当たり前の生活をしていた。コンビニでジュースとからあげ棒セットでビニール袋、スーパーでレジ袋が有料になってもビニール袋、水を買うだけなのにペットボトル。プラスチックが地球環境に悪影響を及ぼしている事は知っていたが、誰も気を使っていないしいいや!という他人事な考えを持っていた。しかし、カナダに住んでみて大量のプラスチックを日常で使う事がいかに時代遅れだという事を痛感しました。最近は日本の企業や国がプラスチックを少なくしようという改革が行われています。だが、国民一人一人が意識して変えていかないと30年後に本当に海から魚がいなくなり養殖のみで魚が超高級品になる未来も近いような気がします。

まずは日用品からプラスチックを無くしてみよう

まずはとても便利と言われているビニール袋をエコバックに変えてみたり、毎回ペットボトルではなく水筒を持ち歩いてみたり様々な働きかけがありますが、今回はとても便利でエコなキッチン用品のスタッシャーについて紹介していきたいと思います。

ピュアプラチナシリコン100%で密封度が高く、幅広い温度にも対応していて食材を入れて蒸したり、電子レンジでの解凍やオーブンでお肉を焼いたり洗浄機で洗浄する事も可能で、洗って何度も繰り返し使えるみたいで、その数約3000回!!温度も250℃〜−18℃まで使用可能で、値段もコスパを考えたらまあまあ安い!どこをみても良いところしかなくて欠点が見つからない商品じゃん!!って思いました。自分自身キャンプで食材を入れたり、軽食でサンドイッチを入れたり、様々な場面で活躍させています。プラスチックを使っていないので、体にも害がないし地球にも優しいというまさにエコの現代で欠かせない存在なのではないかと思います。

アマゾンや楽天で安く売っています。

Amazon.co.jp

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました